よその住まいに遊びに行っても中には入れてもらえません

災害に見舞われにくい住まい探し

日本は年中を通じて自然災害に見舞われます。台風や積雪に大雨に地震などの大災害によって崩壊した家屋をみると胸が締め付けられてしまいます。家を建てて数年しか経過していないという話を聞くとこれから先どのように再建していくのだろうと考え込んでしまいます。これほど自然災害に見舞われる日本列島に住んでいるのですから、自然災害から上手に守ることができる住まいを構えておいたほうが良いと思いました。

ここは被害に遭った地域などを参考に住まい選びをしていったほうが良いです。まず台風や大雨などで一番怖いのが土砂崩れです。土砂崩れによって家が倒壊することがありますので、山の下に家を構えることは避けておいたほうが良いかもしれないです。そして地震と津波に関しては過去に大津波の記録があるかどうかを調べておき、なるべく内陸部沿いで暮らすことです。これらをトータルすると何もない都会で生活しているほうが一番安全な住まいの場所ではないかと思いました。

新着記事